<<02  2007,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-3-13 シリーズ勉強会:教えて!埼玉の特別支援教育
<さいたま市 障害者交流センターにて>

シリーズ勉強会:特別支援教育を学ぼう!
Vol.1 「教えて!埼玉の特別支援教育」

4月から本格実施となる特別支援教育。でも実際のところ、何がどんなふうになるのかわからない部分も多い現状を見て「埼玉の特別支援教育の基礎的な部分から勉強しよう」ということで、第一弾の勉強会を行いました。
時期的に最後の授業参観と重なってしまったり、お子さんの体調不良で泣く泣く参加を見送られたメンバーの皆様も多く残念でした。

県の方をお招きしての勉強会。
特別支援教育コーディネーターや校内委員会について、専門家チームと巡回相談との違い、「個別の…」と名の付くたくさんの個別計画・その違いとそれぞれの果たす意味・作成時期・そして内容について、また、埼玉独自の試みである「支援籍」について、等々… 
本当にひとつひとつ丁寧に、一言ひとことを大事に説明してくださりました。
とってもわかりやすく、疑問点も解決したので、これから学校と上手に付き合ってゆければと考えています。

講師の先生、お忙しい中を本当にありがとうございました<(_ _)>
スポンサーサイト
2007-3-4 高機能支援事業のネットワーク会議
<渋谷 こどもの城>(スタッフのみ)

スタッフ4名が、東京で開催された本部の高機能支援事業ネットワーク会議に参加してきました。

午前中は、
「高機能・アスペルガー部会をどう支えるか
  ~東京都支部高機能自閉症・アスペルガー部会の活動から~」
と題し、関東ブロックの担当者が集い、東京都支部の活動から高機能事業を考える場となりました。

午後は、
「自閉症スペクトラムの支援ネットワーク推進事業」
18年度支援事業の助成を受けた、京都、島根、青森、大分、福岡のそれぞれの会の活動発表とネットワーク会議の報告が行われました。
参考にさせていただきたい取り組みもあり、今後の活動に取り入れていければと考えています。

高機能事業担当・岡山県支部伊丹さんの
「点から線・線から面へ・面からさらに厚みを増した支援へ」
という言葉と、
担当理事・熊本県支部岡田さんの
「高機能支援事業の協会としての位置付けは、自閉症全体に対する支援と捉えていること、そしてこの事業を通して自閉症に特化した支援を構築してゆくことを目指したい」
という話で終了しました。
いま何時?
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

NIJIの会

Author:NIJIの会
埼玉県自閉症協会内で活動している、高機能・アスペ部会です。

カレンダー
02 ≪│2007/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。